いまどきのおしゃれは、偽物で見せること

いまどきのおしゃれは、偽物で飾ることなのです。

 

まつ毛に持って長くみせるマツゲエクステとか・・・

 

目の色を変えたり、黒目を大きくみせたりするカラコンとか・・・

 

ゴージャスな髪型から、ショートカットまで、自在にアレンジできるウィッグとか・・・ こういう新しくて、簡単にイメージチェンジできる十歳代からのフッァションが進化しています。

 

モデルさんがフッァションシでやっているとか、芸能人がウィッグやカラコンをつけているとかではやるわけですが、

 

けっこうこういう日本の文化は今世界でも注目されているらしいですよね。

 

決して新しいものを発信していくというのは悪いことではないと思います。

 

偽物といってしまうと、なんか悪いことをしているように、また避難しているように聞こえてしまうかもしれませんが、

 

けしつそういう事を胃っているのではなくて、

 

別に髪が薄かろうが・・・

 

肌の色が違うとか・・・

 

目の色が違うとか・・・・

 

そんな事にコンプレックスを持つ必要はなく、また自分の好きな色や形に、堂々と偽物をつけてファッションすることが当たり前のように、

 

そして逆に、うまく決まっている人を褒める、素敵だと思うような、そんな社会ができていけばいいなあと思います。

まるで自毛のような手触りのウィッグにびっくり

最近はおしゃれ用のウィッグは高価な人毛でなくてもその質感は本当に素晴らしくなっています。

 

価格的にも何十万するようなものでなく、1万円から2万円前後で人毛と人工毛をうまく合わせたつくりで、コストも抑えられています。

 

実にサラサラな質感で、手触りもとても自然な感じで、ちょっと驚かせられます。

 

少し前だとコスプレ用でしか使えないようなものばかりでしたけれど、今はファッションで、普段使いできるレベルです。

 

ここまでよくできていると、男の子はそういう知識もあまりないでしょをうから

 

彼女が出会った時から何年も会う時はウィッグだったって気づかないでいたりするかもと思います。

 

まあ、自分でもウィッグを使っている人がみたり、触ったりすればわかるのでしょうけれどね。

 

やぱ人気のアイテムは進化が早いですし、価格も安くなっていくのでいいですよね。

 

自髪はショートでシャンプーも乾かすのも楽にしておいて、TPOでロングヘアースタイルに変えられるウィッグって本当に使えるな〜と思います。

 

ドレススタイルにするにはロングゴージャスな鴨方がいいですよね。

 

結婚式とかにもやっぱりこれからはウィッグだなあと思います。

 

結婚式に備えて、1年も前から髪を伸ばすなんて必要なしい・・・

 

お色直しで、髪型もかえちゃうっていうのも簡単にできちゃうのがいいと思います。

 

ロングからいきなり、キュートなボブとか、まあそうしたら、ウィッグだとすぐわかってしまうわけですが、別にウィッグを笑ったりばかにしたりする人は今はいないでしょうからね。

 

それだけ自然だし、みんなに受け入れられていると思います

 

若い人だけでなく、髪のボリューム不足や薄毛に悩むミセスにもホントにおすすめですウィッグ

ページの先頭へ戻る