壮年性脱毛症と治療方法

薄毛や抜け毛で悩んでいる人はたくさんいますが、そのほとんどは壮年性脱毛症と言われています。

 

壮年性脱毛症とはどのような症状なのか気になっている人もいるでしょう。

 

これは20代以降の働き盛りの年齢の人に起こりやすい脱毛症のことなのですが、症状については他の脱毛症とほとんど変わりません。

 

壮年性脱毛症は主に 遺伝と男性ホルモン、ヘアサイクルなどが原因で引き起こされると言われています。

 

薄毛や抜け毛の悩みは多くの人が抱えているのですが、まずは遺伝という原因が考えられます。

 

壮年性脱毛症の場合も身内に薄毛や抜け毛の人がいる場合、いない人よりも発症しやすいと言えるでしょう。

 

もちろん必ず遺伝するわけではありませんし、不安になる必要はありません。

 

心配し過ぎるとストレスになってしまうことがありますし、それが薄毛に繋がってしまうこともあるので注意しましょう。

 

薄毛の原因物質であるDHTは男性ホルモンが変化することで発生します。

 

男性ホルモンは女性も持っているため、女性でも壮年性脱毛症は起こります。

 

男性ホルモンの分泌量や変化のしやすさは遺伝や体質によって異なっており、男性ホルモンが多いからといって髪の毛のトラブルが発生しやすいということでもありません。

 

体毛にはヘアサイクルというものがあります。

 

髪の毛が成長するのはヘアサイクルの中の成長期であり、成長のスピードが落ちるのは退行期、髪の毛が抜けるのを待つ休止期という3つのサイクルがあるのです。

 

ヘアサイクルのうちの成長期が長い人は問題ないのですが、成長期が短くなることで壮年性脱毛症のリスクが高まります。

 

壮年性脱毛症は遺伝が原因で引き起こされることもあります。

 

父親が壮年性脱毛症の女性は要注意です。

 

しかし、生活習慣に気を付けることで予防できることもあると知っておきましょう。

 

ストレスが多くなるとホルモンバランスが乱れやすくなりますし、それが原因で薄毛や抜け毛が引き起こされることがあります。

 

ストレスを全く感じずに生活することは難しいのですが、上手くリラックスするための方法を見つけておくと良いでしょう。

 

ページの先頭へ戻る