シャンプー選びはまず頭皮チェックから

 

シャンプー選びに失敗してしまうと、さらに薄毛を進行させてしまうこともあります。

 

ネットやドラッグストアでは様々な育毛シャンプーが販売されていますが、頭皮や髪への刺激はそれぞれ違います。配合されている成分も違うので、自分の症状にあったものを選ぶことが大切です。

 

刺激が強く抜け毛を促進させると言われている成分には、ラウレル硫酸Naやラウリル硫酸Naがあります。これらの成分は髪の専門家が問題視していることも多いので、配合されていないものを選んだほうがいいでしょう。

 

薄毛対策のためにシャンプーを選ぶには、配合成分をチェックすることが大切です。はっきり言えばどれも劇的に髪が生えるというシャンプーはありませんが、頭皮タイプに合ってないシャンプーを使い続けているよりは効果が期待できる可能性があります。

 

失敗しないためのポイントは、アミノ酸系の洗浄成分のみが配合されているもの保湿成分が配合されているものといった条件です。さらに刺激が強い添加物が入っていない、値段が高すぎないということも大切です。

 

頭皮タイプは人それぞれ違います。脂性肌・普通肌・乾燥肌・敏感肌というタイプに分類されているので、まずは自分の頭皮をチェックしてどのタイプに当てはまるか確認しておきましょう。

 

敏感肌などで刺激が気になる人や、普通肌でもできるだけ頭皮に刺激を与えたくない人は、頭皮や髪に優しいアミノ酸系洗浄成分だけが配合されているシャンプーが適しています。また、毛髪成分が配合されているものだと抜け毛を防ぐ効果が期待できます。

 

頭皮の皮脂が気になる脂性肌タイプの人は、頭皮環境を整える馬油が入っているものがいいでしょう。低刺激でもしっかり皮脂を洗い流せる成分が配合されているものだと安心です。

 

薄毛対策にシャンプーを選ぶときには、刺激が強すぎないか、配合成分は意味のあるものかをチェックしましょう。抜け毛を減らし、薄毛を予防するために継続して使えるものを選びましょう。

ページの先頭へ戻る