薄毛の原因を見極める

薄毛は男性だけの悩みではなく女性の悩みにもなるものです。

 

しかし、男性の薄毛がAGAが原因であることが多いのに対して、女性の場合は抜け毛が増えて薄くなってしまう原因は色々あるため、原因に合わせて対策をとらなければ改善することができません。

 

まず女性の薄毛の原因として多いのが女性ホルモンのバランスの変化からくるものです。
例えば、更年期に差し掛かる年代になると女性ホルモンが減少しますし、若年層の場合はストレスや睡眠不足など乱れた生活習慣によって女性ホルモンのバランスが乱れてしまいます。

 

女性ホルモンは髪の毛の成長を促進させたり、豊かに保つ作用を持っていますので、そのバランスが変化してしまうと髪の毛の成長が妨げられ、抜け毛が増えてしまうことになるのです。

 

女性ホルモン以外で考えられるのは、頭皮環境の悪化です。
特に髪の長い女性に多いのですが、シャンプーのすすぎ残しなどから頭皮が炎症を起こしてしまい、抜け毛が増えたり、新しい髪の毛が育たなくなってしまうことがあります。

 

またシャンプー自体が合っていなかったり、ごしごしと頭皮を強く洗ってしまったり、頻繁に髪を洗ってしまうことでも炎症は起こりますので、抜け毛以外にフケなどが増えたというような場合は、洗髪の仕方を見直してみるとよいでしょう。

 

他にも髪が長い女性の場合に起こりやすい薄毛の原因として挙げられるのが、髪をポニーテールやアップにしてまとめすぎてしまうことによる牽引性脱毛症です。
多少、引っ張っただけで抜け毛が起こることはありませんが、長時間髪が引っ張られた状態が続くと頭皮への負担から髪が抜けてしまうこととなるのです。

 

最後の原因は栄養不足です。
現代において栄養不足となることは珍しいのですが、女性はダイエットをすることも多いため、過度なダイエットによって栄養不足となり髪の毛を育てることができなくなって薄毛となってしまうのです。

 

このように女性の薄毛には色々原因がありますので、自分の薄毛の状態をしっかり見極めて適切な対策をとることが重要なのです。

ページの先頭へ戻る